明るいワンオペ生活

転勤族の夫は海外単身赴任中。ワンオペで男児2人を育てるワーママです。

MENU

ワンオペの息抜き。夫の一時帰国でやったこと4つ。

スポンサーリンク

先日、夫が6日間の一時帰国をしました。

平日5日+土曜日だったので、私は普通に仕事でした。

ですので、家族で過ごす時間と言うのはあまり持てなかったのですが、普段のワンオペから解放されて、肉体的にも精神的に楽でした。

特に、子どもたちの送迎や朝夕のお世話、ほぼお任せ状態だったのが何より助かりました。夫がいたから出来たこと、夫への感謝も込めて記したいと思います。

時間と子どもを気にせず動く

朝は食事の準備以外は自分の支度だけやって、

颯爽と「あとよろしく~いってきまーす!」と出勤!

いつもと同じ時間に家を出ても、保育園に寄らない分40分以上早く到着できました。

帰りも、いつもはダッシュ!のところを「ここまでやってしまおう」が出来る爽快感ったらないですね。

さらに、カフェに寄ってからダラダラ帰宅。

すでにお風呂もごはんも終えて遊ぶ三人を横目に、ご飯を食べながらスマホ。

さらに、ゆっくりお風呂。

書いていて恥ずかしくなってきましたが・・・自分のことだけやればいいって、本当にラクだなぁと実感できました。

あとは、薄情な妻かもしれませんが、夫がいるときくらい存分に働きたい!と仕事を優先してしまいました。

夫の両親を呼ぶ(夫が)

夫がいる間に、夫の両親に遊びに来てもらいました。

今回は平日だったので私は不在で、会っていません。夫両親は私がいないことは全然気に留めないので、私はありがたく不義理をさせていただいています。

単身赴任をするにあたって心配の上位にあった夫の両親対応。

我が家はもともと、夫自体が自分の親と距離があるタイプだったので、年3回ほどしか会っていませんでした。

ですので、夫の帰国時に合わせて招待する、もしくは帰省する、というスタイルが定着しました。普段は私が子どもたちの写真をアプリで共有するようにしたので、むしろ連絡頻度は単身赴任前よりも増えました。

www.kajitenuki.com

休日の朝寝坊

平日休日問わず、6時台には起床する我が子たち。

普段の休日は1歳児が起きた時点でしぶしぶ起床しますが、夫がいる日は「お願いだからもう少し寝かせて!!」と9時前まで眠れました。

本当は8時過ぎには目が覚めていたのですが、布団でこっそりダラダラしていました。

朝寝坊って幸せですね。それでも、そろそろ長男は一人で起きてテレビ見たり出来るようになってきたので、あと5年も経てば今が懐かしくなるのだろうか・・・。

ママ友と飲み!

夫の一時帰国時は、一度は夜間外出するように心がけています(笑)

今回は初めての試みとして、ママ友を飲みに誘ってみました。

上の子のクラスのママなので、付き合いはかれこれ5年目。

子連れでは、2週間~2ヶ月に1回くらい遊んでいたけれど、子ども抜きで遊んだことはありませんでした。

夫の帰国が決まったのがギリギリだったのもありましたが、ギリギリのお誘いの方が断りやすいかな~と思いながら一人にLINEしてみると、即OKのお返事が!

他にも2人声をかけてみたら皆さんOKしてくれて、4人で飲みました。

これが、想像以上に楽しかった・・・。

とっても楽しかったので、また今度別記事で書きたいと思います。

おわりに

夫の一時帰国は、とにかく開放感!という感じで待ち遠しいです。

しかし、これって、男女を入れ替えると、共働きであっても聞く話・・・?

確かに毎日これだったら働いている方がラクって言いたくなりますね。自分のペースで物事を進められないつらさって、やってみないと分からないです。

むしろ今は仕事をしているのでと、大きい顔して上記のことができましたが、仕事を辞めて帯同すると、できなくなるのだろうか。

ちなみに、1歳の次男は最近ようやく単語が増えてきた、という程度の言語能力だったのですが、今回の夫の帰国中に、たぶん私があまりに育児を夫に押し付けすぎた結果、

「ママ(が)いい!」という二語文をマスターしました(笑)