明るいワンオペ生活

転勤族の夫は海外単身赴任中。ワンオペで男児2人を育てるワーママです。

MENU

月齢別!ワンオペで子ども2人をお風呂に入れる方法

スポンサーリンク

先日、寝かしつけに関する記事を書きましが、今日は寝かしつけと並んでワンオペ難易度の高い「お風呂」について我が家の体験を書きたいと思います。

www.kajitenuki.com

 前置きとして、我が家の兄弟はちょうど3歳差です。

あとは、家が狭い2DKのマンションなので、リビングとお風呂場が近いということも今回の例に限れば利点としてあります。

目次

 下の子生後まもなく~3か月

上の息子が保育園に通っていたため、2人目の出産時、里帰りはしませんでした。

次男:長男が不在の日中に沐浴を済ませました。一人目の時には沐浴槽なんて1ヶ月しか使わず、その後は大人と一緒にお風呂に入っていましたが、二人目の次男は首がすわる3ヶ月すぎまで使っていました。次男は大きい子どもで、3ヶ月で約8kgだったのでビニル製の沐浴槽はパッツパツでしたが(笑)、がんばりました。

生後1ヶ月以降は、次男を連れて長男のお迎えに行っていたので、湯冷めを気にして午前中には沐浴してしまっていました。外から帰ってきたら手と顔だけタオルで拭いていました。

長男:夕方~夜、次男が寝ている隙にダッシュで入れていました。私も、次男が寝ていれば一緒に入っていました。洗う→息子を湯舟に→私が身体を洗う→一緒にあがる、の手順です。書いていて気づきましたが、私はもう次男出産以降、シャワー生活です。実家に帰ったときくらいしか湯舟に浸かれていません・・・。

下の子が寝なかった場合は、ご機嫌な時を見計らってベッドに寝かせて安全を確保した状態で、やはりダッシュで入れました。この時には、長男もシャワーだけにし、私も一緒には入りませんでした。この時には私は、2人が寝た後に入っていました。一緒に寝てしまい、夜中や明け方に身体が気持ち悪くて起きてシャワーなんてこともよくありました。休日ワンオペの時には、長男の昼寝時かテレビの時に次男をお風呂に入れていました。

下の子首すわり後~つかまり立ち前

次男の首がすわってからは、次男は、バスチェアを使用していました。どうやら生後すぐから使えるみたいです。

 

このアップリカのバスチェアは、長男のときから愛用していました。長男→甥→次男→お友達とおさがりを繰り返してかれこれ4年以上使用していますが、まだ使えてみるみたいです。ただし、上の緑のカバーはだんだんカビてくるので、甥の時に買い換えて(純正のものは販売がないので類似品を買いましたが問題なく使用できました)、次男の時にはカバー自体使わずにタオルを敷いていました。

下の子つかまり立ち~現在

まとめ

・二人目のお風呂は、沐浴期間をなるべく長くする。

・首すわり後は、バスチェアがあると便利。

・湯の量が少ないと、安全&水道代が安い(笑)。

・最初は大変でも、やっぱり意外となんとかなります!

ワンオペの皆さん、一緒に頑張りましょう。