明るいワンオペ生活

転勤族の夫は海外単身赴任中。ワンオペで男児2人を育てるワーママです。

MENU

待機児童問題をワンオペの観点から考える

スポンサーリンク

我が家の子どもたちは2人とも、0歳児から保育園のお世話になっています。なぜなら、首都圏ベッドタウンの我が地域も御多分に洩れず待機児童問題が深刻で、入園定員が少ない1歳児クラス以降になると入園の難易度がかなり上がるからです。

妊娠したらまず保育園を調べる…という感じです。母親学級でも、産後の赤ちゃん学級でも、保育園の話題がよく出ていました。待望の子どもを授かった瞬間に預ける算段をしないといけないなんて、なんとも切ないなぁと思っていました。

 きょうだいと別の保育園に!

今回、筆者と同じ年に下の子を出産し、1歳児クラスでの入園を試みた保育園のママ友から、上の子と同じ園には入れなかったという連絡をもらいました。4月から、きょうだいバラバラの保育園、親は2ヶ所の保育園送迎です。

2人目はきょうだい加点があるから大丈夫だろうと思っていたので驚きました。それでも、1人目を1歳児クラスに申し込んだママ友は全滅(不承諾)だったので、入れるだけマシなのかもしれません。

 もし、このママ友のお宅で、パパ(かママ)が単身赴任になってしまったら、どうしたらいいのでしょう。

幼児2人の送迎は大変!

兄弟2人が同じ園にいても、幼児を毎日朝晩送迎するのは大変です。筆者の場合、朝起きてから家を出るまでに最低1時間半は必要です。自分の準備(これは10分程度)、子どもの準備2人分、朝食の準備・片付けなど、一瞬たりともボーっとしていないのに、です。そこから保育園まで4歳児の足で徒歩20分(我が家は徒歩登園、下はベビーカー)、保育園滞在20分、駅まで徒歩10分なので、朝起きてから最寄駅に到着するまでで、2時間半から3時間かかります。朝からグッタリです。

5歳児クラスの6歳のおにいさんおねえさんだと、5分もかからずにバイバイ出来たりしていますが、0、3歳児クラスだとまだまだ大変です。むしろ兄の方が大変かも…。

 保育園申請時点での状況が必要

我が家のある市では、4月保育園の入園申請は11月です。次男の保育園を申請するときには、もう夫の単身赴任は決まっていましたが、その時点ではまだ日本にいました。

入園申請では、単身赴任の家庭には4点の加点がありました。しかし、我が家のように入園時点での単身赴任が確定していても、申請時点に同居しているなら勤務先から証明書を出してもらったとしても加点は無理、とのことでした。まぁ、予定は未定ということで、言い出したらきりがないという役所側の気持ちもわかりますが、青ざめました。

結果として、0歳児クラス、きょうだい加点のおかげで我が家は兄弟同一園になりましたが、ワンオペ確定なのに同じ園に入れなかったらどうしよう!とかなり焦りました。

しかし入園後に単身赴任になってしまったら…?

例え単身赴任の加点があったとしても、そもそも空き枠がないので転園はとても出来ません。そうしたら、ひとりで保育園を二ヶ所の送迎、行事も2倍…考えただけで大変です。実際によくあるのは、上の子が小学校に上がって学童と保育園の2ヶ所送迎をしているおうち。皆さんかなり大変そうです。これが身辺自立の済んでいない幼児だと思うともう…。

 どうしたらいいのやら

でも、我が家のように、確実に保育園に入れるために育休を切り上げて0歳児で入園させるっていうのもおかしいと思うんです。

0歳児クラスは先生も多くて、養育にかかる税金は多大です。育休を1年取れる環境にいて取りたい人が、保育園のことを考えずに安心して取れれば、0歳児クラスのニーズは減り、その分1歳児以降の枠を拡大できるんじゃないかなと思います。

育休期間をやみくもに延長するよりも(しかもどうせ公務員か大企業の人しか無理だし)、皆がせめて1歳児クラスからの申請で済むように、きょうだいは同じ園に通えるように環境が整ってほしいなと思います。