明るいワンオペ生活

転勤族の夫は海外単身赴任中。ワンオペで男児2人を育てるワーママです。

MENU

【メルカリ】出品の時の値段設定はどうする?手数料は?送料は?

スポンサーリンク

メルカリで出品した商品が売れたとき、手数料と送料を差し引いたお金が売上金としてアプリ内に入ります。

そのため、価格設定をする際には、手数料と送料を入れて考える必要があります。

*3月7日追記:2019年4月1日正午以降の購入商品について、60サイズ以上は一律100円値上げになるそうです。

目次

 メルカリの手数料とは?

メルカリでは、売上金の10%を手数料として徴収されます。

例えば1000円で商品が売れた場合、100円が手数料となります。

下記は、実際に出品する際の編集画面です。値段設定をする際に、販売手数料を引いた販売利益を表示してくれるので、わかりやすいです。

 

f:id:inujiro55:20190211211245j:image

 送料は?

次に、送料を考えなくてはなりません。

メルカリでは、基本的に送料は出品者負担です。

着払い(購入者負担)もできないことはないのですが、商品を検索していて、「おっ安い!」と思って開き「着払い」となっているときのガッカリ感を思うと、

多少高くなっても出品者負担にした方が、明朗会計で結局売れやすいのではないかと思います。

発送方法は、出品の際にあらかじめ指定します(変更は可能ですが、普通郵便→匿名配送への変更、匿名配送→普通郵便への配送はできません。後者は、購入者が氏名住所を教えてくれれば可能でしょう)。

普通郵便

普通郵便(定形、定形外)は、保証はないけれど、安く発送する(=販売利益を多くする)ことができます。

厚さは5㎝以上するけれどそんなに大きくないもの(例えば子供用の靴)などは定形外で発送した方が安いです。

匿名配送(ゆうゆうメルカリ便、らくらくメルカリ便)

筆者がメルカリを利用しているのは、匿名配送機能があるからです。物騒な世の中ですから、売った相手に自分の住所を知られないというのは、リスク管理として重要だと思っています。たとえ利益が減ったとしても匿名かつ補償つきのゆうゆうメルカリ便からくらくメルカリ便を利用しています。

〇商品をA4サイズの封筒に入れて、3㎝以内の薄さで収まる場合

ゆうゆうメルカリ便だと175円で送ることができます。郵便局またはローソンで発送できます。

筆者は、10枚210円で買える封筒をストックしています。21円/枚ですね。

さらに封筒に入れる前に防水のためにビニール袋などに包んだり、洋服を圧縮したりしているので、そこにもコストはかかっています。合計で約200円くらいの送料かと。

少しでもコストを下げるために、Amazonで本を買うと送られてくる、内側がプチプチになっている袋などは必ずとっておくようにして再利用しています。

〇商品が25㎝×20㎝×5㎝以内の場合

らくらくメルカリ便の宅配便コンパクトで380円で送ることができます。ヤマト運輸の営業所以外では、セブンイレブンとファミリーマートで送ることができます。

ただし注意しないといけないのが、専用の資材でないと送れないことです。これが1枚65円するので、宅配便コンパクトは445円かかると思いましょう。

メルカリショップでまとめ売りなどしていますので、たくさん使う!という方はそれを利用してもいいと思います。

〇それ以上大きい場合

いわゆる普通の宅配便のようになります。60サイズで600円~(2019年4月1日正午以降に購入された商品は700円)となっています。

私はこのサイズになったときには、ゆうゆうメルカリ便ではなくてらくらくメルカリ便を利用しています。ヤマトさんの方が到着が早いからです。

送料を安くすることが大切!

そんなわけで、商品の値段を決める際には、

販売利益ー(手数料+送料)を考えなくてはなりません。

手数料は一律10%なので、いかに送料を安くするかが、販売利益を上げるポイントになります。

売れた商品を例にとると、子ども服はたいてい3㎝以内で発送することができます。

1111円で売れたシャツの販売利益は825円、梱包を考えても利益800円です。

f:id:inujiro55:20190211212856p:plain

3㎝以内の商品

一方で、靴は、子どものものとはいえ、5㎝は超えてしまいますので、らくらくメルカリ便の60サイズ(600円)の発送になりました。

1889円で売れましたが、販売利益は1101円です。匿名にこだわらない方なら、定形外の方がずっと安く発送できます。

f:id:inujiro55:20190211212902p:plain

5㎝より厚かった

 

800円近く販売価格が違っていたのに、利益は300円しか変わりませんでした。

結局、いくらに設定する?

〇 175円で送れるゆうゆうメルカリ便の場合は、メルカリ最低価格の300円で売れた場合、利益が95円です。(梱包代を考えると70円くらい)

〇宅配便コンパクトでは、495円で商品が売れると利益が0円です。

ちなみに500円で商品が売れると利益が5円で(手数料50円、送料380円、資材65円)、筆者はこれをメルカリ初日にやってしまいました(笑)。評価コメントで「お安く譲ってくれてありがとう」と言っていただきました。

 宅配便コンパクトサイズなら、600円で利益95円(梱包代次第ではもっと安い)になります。

〇60サイズなら、667円で商品が売れると利益が0円です。 770円で利益が93円(梱包代次第ではもっと安い)になります。

メルカリでは値引き交渉のコメントが入ることが多くありますから、「この値段で売れたらいいな+アルファ」の値段で出品することをお勧めします。

そのために、同じような商品がいくらで売れているか、検索機能を使って調べてから価格を決めましょう!価格の改定は何度でもできます。

 まとめ

思っていた価格で売れずに値下げせざるを得ないこと、逆に高めにつけたけど売れた!などということも良くあります。

 「ここまでは下げてもいい」という落としどころを考えてからの値段設定がいいのかなと思いつつ、筆者も試行錯誤しています。