明るいワンオペ生活

転勤族の夫は海外単身赴任中。ワンオペで男児2人を育てるワーママです。

MENU

【ワンオペ】共働き・ワンオペ育児の救世主!ファミリーサポート利用体験談【お助け情報】

スポンサーリンク

一人目を産んでしばらくすると湧き上がってくる二人目問題。

www.kajitenuki.com

その時に、共働きでただでさえ慌ただしい毎日だったり、ワンオペ育児だと悩みますよね。

我が家は今1歳と4歳(しかも今の世間では気の毒がられる男2人)をワンオペ育児中ですが、夫の海外赴任が決まったのが、二人目の妊娠がわかった週。その時は笑うしかありませんでしたが、今思えば良かったです。先に海外赴任が決まっていたら、二人目はいなかったでしょうから

海外赴任が決まった夫は、研修だなんだと平日はほぼ帰宅しない日々だったので、産後すぐからワンオペでした。

結論から言うと、ワンオペで子どもが二人いると大変だけど、楽しいですよ!

でも、二人目出産でまず考えるのが、「上の子どうしよう!」ですよね。筆者が利用して、本当に助かったファミリーサポートについて書きたいと思います。

f:id:inujiro55:20190304220818j:plain

目次

 ファミリーサポートとは

ファミリーサポートとは、子育てが終わった方や子育てに理解のある方が、研修を受けた上で、子どもを預かってくれたり送迎をしたりしてくれる制度です。

www.jaaww.or.jp

料金も700-800円程度と、シッターさんを雇うよりかなり安い!万が一の保険にも加入されているから安心です。自治体にもよるとは思いますが、筆者が住んでいる市では次のような流れでした。

①申し込み

②ファミリーサポートセンターが、条件に合った提供会員(ファミサポさん)を探してくれる

③センター職員立ち会いのもと、ファミサポさん宅で面談

④依頼は、ファミサポさんを通して実施(筆者の場合は、ファミサポさんがLINEを教えてくださったので、内諾を取ってからセンターに連絡していました。違反ではなく、このあたりはファミサポさん次第ですね。)

 ⑤月末までに、ファミサポさん宅へ直接利用料を支払いに行く

どんなときに利用するといい?

f:id:inujiro55:20190304220639j:plain


私が利用した場面は次の通りです。

1、産後里帰り出産をしなかった筆者は、上の子(3歳)の保育園送迎を1ヶ月間ファミサポさんにお願いしました。

2、二人目は早くから熱を出すことが多いです…下の子が2ヶ月で発熱して大変だった時、上の子の遊び相手をお願いしました。

f:id:inujiro55:20190304220013j:image

子どもを預かってもらったときには、こんな報告書までいただけました(送迎の際にはありませんでした)。

本当に本当に助かりました。体力的にももちろん楽でしたし、ファミサポさんて優しい!労ってくれるんですよー。

ワンオペだと、大人と言葉を交わす時間が圧倒的に少ないことがつらいんですよね。ちょっとしたファミサポさんとの会話が、楽しみでした。

ぜひ産前からお願いしよう!

 産後、いきなりファミサポさんを!と思っても、ナーバスになっている上の子にはつらいです。ママはいきなり現れた赤ちゃんとおうちにいて、自分は知らない人と保育園、はきついですよね。

我が家は、産休に入ってすぐから、週1~2回のペースで慣らし保育ならぬ慣らしファミサポさんをはじめました。最初はファミサポさんと三人で手をつなぎながら保育園へ行き、先生に紹介したり、荷物の置き場を丁寧に説明できたりしました。親とファミサポさんも、お互いの人となりがわかったので、これはかなり良かったと思います。

2回目からはファミサポさんと子どもで行ってもらいました。

最初は警戒していた子どもも、ファミサポさんに色々とお話をしながら歩いていたみたいです。産前から慣れていたから、産後も、比較的落ち着いて登園を継続できました。

まとめ

ファミリーサポートは、子育て家庭の強い味方!近所に住んでいる方なので、道端で会ったりもします。近所に助けてくれる顔見知りが増えることは、核家族にとってありがたいことです。迷っている方は、登録だけでもしてみることをおすすめします。

実は我が家はベビーシッターさんも利用経験あります。比較記事はまた書こうと思います。